VMware Playerで構築した自宅サーバのメリット、デメリット

仮想マシン(VM)で構築した自宅サーバは、まだまだ細かいところの修正やグレードアップしたいところもあるけど、取り合えず抱いている今の感想について。。。

1] メリットに関して

1.1台のPCで2つのOS(WindowsPCへLinxのサーバ)を同居させることができた。
2. 作業の効率化という点では容易にファイルの共有ができて、尚且つ、デスクトップ上でXfce4に切り替えながらの快適な作業だった。
3. 万一、悪意のある攻撃とか改竄などの被害にあっても、VMware Player全てを削除すれば、Windowsに被害が及ばない。又、再度インストールし直す事ができる。

2] デメリットに関して

1. Windowsのメモリーを仮想マシン(VM)に振り分けてるのが原因?同時に作業している最中、一時的にWindows側の操作ができなくなったりした。
2. 納得してない部分、VMware Playerのネットワークのルーターが無効?なのでウインドウズの「ipconfig」では表示されない。故に、IP AddpressをVMware Player側(DHCP?)又は、ホスト側(モデム)で変更する?しない?と言ったことが分からない。

随分前にも仮想マシン(VM)で自宅サーバを構築したいと挑戦したことがあるけど、今回はWindows10で、VMware Playerの機能が数段に良くなってることが要因なのか、スムーズに事を運ぶことができてウエブサイトを公開できた。