カーネルのアップデートに「UKUU」をインストール

以前Xubuntu16.04をインストールした後に何回かフリーズした事があって、その時は原因が分からず再インストールしたが、その後に知ったカーネルのアップデートで直る可能性があったらしい。いずれにしても、Ubuntu18.04LTS Serverのカーネルを調べてみると古いカーネルだったので最新のカーネルにアップデートした。アップデートはコマンドで実行できるようだけど、試みにUpdate-Utility「UKUU」を使用した。
## UKUUの機能

・インストール可能なカーネルのバージョン一覧を表示
・任意のカーネルを自動でインストール可能
・利用可能な最新のカーネルがあれば通知

## インストールはXfce4-Desktopの端末から

最新のカーネル「5.1.16-050116-generic」にアップデートできた。Xubuntuの自宅サーバのカーネルもアップデートすべきか?現在Xubuntu18.04LTSは、特に障害無く安定してるのでUKUUの準備だけでも。

Ubuntu18.04LTS ServerにXfce4をインストール

今までCUI環境で作業する知識が無かったので、先ずはこのUbuntu Serverに軽量のXfce4をインストールしてCUIとGUIの両方で試すことにした。現在のXubuntu18.04LTSで構築した自宅サーバとの違いがどの程度とか、使いやすさなどいろいろと比較をする事に。。。

1] 日本語の追加パッケージをインストール

2] 日本語フォントのインストール

3] 日本語フォントが無事にインストールできたら「Xfce4」をインストール

4] 「Xfce4」を日本語環境で起動して初期設定

Xubuntuかな?と間違えそうな画面が現れてインストールは終了。PC画面(標準コンソール)からXfce4-Desktopへ移動するのに「LANG=ja_JP.UTF-8 startx」と入力すれば「Xfce4」が日本語で起動するが、これでは面倒なのでコマンドラインから「startx」で起動するようにした。又、ログインIDとパスワードを入力した後に、自動起動する方法を試した。

5] ターミナルエミュレータを起動して、「vi」で「/usr/bin/startx」を開いてupset SESSION MANAGERの下に追記

6] ログインと同時に「Xfce4」を起動
# ターミナルエミュレータを起動、viで~/.bashrcを開いて最終行に追記

これで、PC起動後にログインIDとパスワードを入力するとXfceが自動起動するようになる。早速、Xfce4-Desktopを試したところ「Xubuntu」と大差なく操作できるのでビックリ!最低限必要と思われるソフト「Dconf、Snynaptic、Gnome-Software、Samba関連」等をインストールして準備完了。

Ubuntu18.04LTS Serverに日本語環境を構築

サーバの運用は基本的に英語なので、サーバのPCは英語の表示、他のPCからリモートで接続したときサーバのロケールが日本語であれば、他のPCでは日本語で表示される。。。。との事らしい?!

1] 日本語関連のパッケージをインストール

2] ロケールを日本語に変更

3] サーバのPC画面(標準コンソール)では日本語が表示できないのでロケールを英語にして文字化けを無くし、リモート側では日本語表示にする。

取り合えずは日本語環境ができたが、他のPCからリモート接続して日本語表示させること自体厄介な作業に感じるので、このサーバをGUI環境にしたらどうか?と思い最も軽量な「Xfce4」選んでインストールした。

Ubuntu18.04LTD Serverをインストール

以前に自宅サーバをUbuntu18.04 Server LTSで構築したいと思った時期があったけど、OSがCUIなので諦めた経緯がある。今のところXubuntu18.04LTS-Desktopの自宅サーバが安定してるようなので、Windows10の仮想化ソフトからUbuntu Serverを試すことを思い立った。

1] VMware Workstation Playerからのインストールは、以前記事にしたことがあるので省略して要点だけ。。。

2] Ubuntu18.04LTS Serverのインストールは結構難しく(何度か失敗)最終的に「Server World」 のインストール画像を確認しながらインストールできた。感謝!

インストールで一番悩んだのが「6.~9」で何度か失敗を重ねた。又、再起動後の初期画面がCUIなので戸惑ったが、ログインしてすぐ「update、upgrade」で最新の状態にした。
次のステップはサーバーで日本語を使いたいこと。。。

初めての試みだったので失敗の連続だったけど、無事に完成させることができた。